子どもの本と木のおもちゃカシオペイア

パネルシアター・絵本・木のおもちゃ【CASSIOPEIA~カシオペイア~】

FAX ご注文用紙

 

Contents


商品一覧

ご注文方法

カシオペイアの紹介

お問い合わせ

 

商品カテゴリ

メーカーカテゴリ


カシオペイア日記

カシオペイアのホームページをリニューアルしました!こまめに日記を書いていこうと思っています。

店長日記はこちら >>>


 

HOME»  絵本

6~7ヶ月から声や音、形、色があかちゃんの意識に上るようになります。そのころから「ころころころ」「いないいないばあ」「おーいおーい」などの言葉の絵本をおひざに抱っこしながら読んであげると意識がしっかりしてきます。 1歳半頃から、「のせてのせて」「かささしてあげるね」「コロちゃんはどこ」など、「お母さん・自分・おうちから出発して、いろいろ経験し、また、お母さん・自分・おうちに戻ってきてよかったね。」という物語の原型をしっかり把握している絵本を何度も読み聞かせてあげましょう。
自分の経験をまとめる力がのびてきます。
3才を過ぎる頃から、毎日が驚きや発見に満たされてきます。
そんな子どもたちに、知識を教えるのではなく、一緒に不思議がり関係を発見して謎解きをしていくような科学の絵本をよんであげるのがおすすめです。

商品一覧

並び順:

カシオペイアがおすすめする絵本でお子さんの想像力を育ててみませんか?幼児の発達に大きな影響を与えると言われる「読み聞かせ」は、いざやってみようと思っても、どんな本を選んだらいいのか迷ってしまうことも多いでしょう。カシオペイアでは読み聞かせにおすすめな商品がピックアップされています。