×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ライアーとは

ライアーとは

ライアーについて

ライアーについて

ライアーはギリシャ神話の竪琴に原型があるといわれていますが、1926年に生まれたばかりのまだ新しい楽器です。その見た目や音色からよくハープと間違われることありますが、音色や構え方などの違いははっきりしていて、暖かな柔らかい音色が特徴的です。

また胸に抱えて演奏する弦楽器なので持ち運びしやすく、小さなお子様やお年寄りの方、初心者の方にも扱いやすい楽器と言えるでしょう。

大ヒットジブリ映画「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」でも使用され、日本でも広く知られるようになりました。

ライアーの名称

ライアーの名称

ライアーという楽器はドイツ発祥です。ドイツ語で「Leier」、英語では「lyre」と、それぞれ竪琴(撥弦楽器)を意味するもので呼ばれていました。

日本ではライアーと表記されることが多いですがリュラー、リラ、ライアと呼ぶこともあります。音域の違いでアルトライア、ソプラノライアなどの種別があり、さまざまな音域でハーモニーの違いを楽しむこともできます。

ヒーリングミュージック

ヒーリングミュージック

ライアーの特徴のひとつは深く透明な響きです。演奏している人、聴いている人の体全体に音色が響き、まるでお母さんのおなかにいるような安らかな気持ちになると言われています。これは極上のヒーリングミュージックであり、ライアーの音色を通じて自分を知り、また相手も知ることができるのです。

当店ではライアーの製作体験や演奏体験などのワークショップも開催しているので是非お越しください。